シミがあると老けて見える!?今からでも遅くないスキンケア

シミがあると、肌がくすんで見え、5~10歳老けて見えると言われています。「もう隠すしかない…」とあきらめないで、正しいお手入れをして明るくクリアな肌を目指しましょう。

シミができてしまう原因とスキンケア方法

最近シミに悩まされている人達が若者を含めて増えています。シミというのは多くの人達にとって、顔に出来るものの中でも最も出来て欲しくないものであります。なのでどうしてもシミを顔に残したくないのであれば、しっかりとシミの原因を突き止めた上で、原因別に応じたしっかりとしたスキンケアをしていく必要があるのですね。
シミが出来てしまう原因にも様々なものがありますが、一番多くて一般的な原因となっているのが紫外線です。紫外線は特に夏の暑い時期等に日焼け止めクリーム等を何も塗らないまま長時間に渡って太陽の光が降り注ぐ屋外にいることで、お肌へ様々な悪影響をもたらしますが、シミもその紫外線による影響の一つなのです。なので紫外線によるシミを作らないようにする為にも、また紫外線によるシミをこれ以上増やさないようにする為にも、まずはドラッグストア等に行ってしっかりと自分の肌質に合った日焼け止めクリームを見極めて購入してお肌に塗って使っていくことが必要であると言えます。
最近はプラセンタという成分が話題です。保湿効果や細胞を新しく作るよう促進する力やシミ、ニキビ、たるみなどのありがちな肌トラブル全般に効果を発揮します。プラセンタの効果で美しくなりましょう
それから紫外線以外のシミが出来てしまう原因として多いのが、睡眠不足やストレス等による影響です。なのでシミをどうしても作りたくないと思っていらっしゃる人は、しっかりと睡眠時間を確保してたっぷり休息をとることが大切になってきます。特に仕事等で忙しくて毎日毎日残業をこなさなければいけない人の場合は、家での睡眠以外にも通勤中の電車の中でも睡眠をとるようにしたり、会社の休み時間中にも睡眠をとるようにする等した方がいいでしょう。細切れの時間であっても全部合わせれば意外と長い時間となるのです。それからストレスもシミを作る原因となってしまいますので、まずはストレスの原因を突き止めてストレスを解消するようにしましょう。例えば人間関係がストレスの原因であるような人の場合、苦手で嫌だなと思っている人とはなるべく関わらないようにして距離をおいてストレスを軽減させていくようにする必要があります。
それからもう既にシミが出来てしまっている場合のシミに対するスキンケアの方法を知っておくことも大切です。シミは本人の頑張り次第でいくらでも薄くすることが出来ますので、決してシミが出来てしまったからといって絶望したり諦めたりする必要はありません。具体的にはビタミンCを多く含む化粧品を使用するようにしたり、ビタミンCを多く含む食品を食べたりすることが効果的なシミへのスキンケア方法として挙げられます。
■シミ、特に肝斑に効く成分
トラネキサム酸
■スキンケアに効果
レチンAクリーム