シアリスのジェネリック医薬品

シアリスはED治療薬です。シアリスにはインドで製造されたジェネリック医薬品があり代表的なのは「タダシップ」や「メガリス」です。ジェネリックでED治療を行うと効果はシアリスとほぼ同じで費用は安くすみます。

*

シアリスのジェネリック薬の種類と選び方

   

シアリスのジェネリックは価格で選ぶ

シアリスは、性的刺激を受けた時に血管を拡張し、勃起を補助します。

服用後36時間まで有効性が認められているのです。

そのため、ED治療薬のひとつとして選ばれています。

治療を継続するにあたり注意したいのが、治療費です。

シアリスは、薬価が定められていません。

処方される際は、保険適用外となってしまうのです。

そのため、シアリスを国内で購入すると、かなり高額になってしまいます。

治療を継続するためには、経済的負担を少しでも軽くすることが重要です。

そこで選ばれるのが、安価なジェネリック医薬品です。

新薬は開発するまでに莫大な費用がかかります。

また、一定期間有効性・安全性を確保する必要があります。

ジェネリック医薬品の場合、開発費の分費用を削減することができるため、より安価に提供できるのです。

シアリスのジェネリックとしては、タダリス・タダシップ・タダリフト・メガリス・フォーゼストが挙げられます。

これらの医薬品はシアリスに比べると価格も安いのですが、入手方法は個人輸入に限られます。

豊富なジェネリックは特徴で選ぶ

ジェネリック医薬品は、先発品に比べると、飲みやすくなっていることが多いです。

なぜなら、新薬の情報を基に味の改良・小型化・錠剤やシートの工夫・より溶けやすいように工夫がされているからです。

シアリスのジェネリック医薬品の場合、多くは錠剤の形状をとっています。

ただし、錠剤の色・形・大きさは種類によって異なります。

また、シアリスは、正規品の場合、5mg、10mg、20mgの3種類発売されています。

一方、ジェネリック医薬品の場合、特定の大きさしか販売されていません。

例えば、フォーゼストの場合、有効成分の量は20mgのみとなっていますが、タダリスの場合は、10mgと20mgの2種類販売されています。

このように、薬の種類によっては含まれている有効成分の量も異なるので、有効成分の量はよく見ましょう。

そして、飲みやすさや溶けやすさを見たうえで、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。